平成30年1月18日(木)に、
旭川荘研修センターよしい川(岡山市東区西大寺浜610)にて、
一般社団法人 岡山県介護福祉士会が主催する
第12回 介護実践研究発表会に、
社内3事業所からの事例を発表させていただきました。

この発表会は、
(一社)岡山県介護福祉士会会員や介護職に従事している人の、
研究事例を発表する大会です。
他職種との連携の中、介護福祉士の立場から、
どのような専門的視点で取り組んだ実践研究であったか、
根拠や理論的な要素を重視した発表会です。

当社は、今年度6事例を応募し、
以下3事例を、当日発表させていただきました。

○「他職種連携で日常生活動作の獲得に繋がった事例について
  ~ご自宅アセスメントを中心に~」 
      創心会リハビリ倶楽部中洲 芳本 康和

○「トラベルリハサークルの参加から在宅生活の質的向上
  ~目標が通過点であり、今後の生活に繋がっていくこと~」 
  創心会リハビリ倶楽部玉島 中野 容子

○「復職に向けて~K様の事例~」
 創心会元気デザイン倶楽部 田川 将之

上記の他にも、他施設の方の事例も含め全10事例の発表がありました。
介護職の専門視点を発揮した事例の数々を聴き、発表者それぞれの
この職業にかける情熱やかけがえのなさが伝わってきました。

また、(一社)岡山県介護福祉士会  安達悦子 会長より、
専門職として研修研鑽に励み、それを継続していくことの意味を大切にしてほしい。
とお話がありました。
今回の経験は、発表者個人にとって貴重な経験になることはもちろんのこと、
改めて、当社サービス事例における介護福祉士としての視点の活かし方、
理論的なサービスアプローチをしていく価値、を振り返る機会にもなりました。
今後も知識・技術の研鑽で、ご利用者様の笑顔を支える誇りを忘れない、
高い意欲をもった社風を大切にしていきたいと思います。

広報CSR 河﨑

————————————————————————————————-
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア] 岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

寒い日が続いておりますが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今日、1月17日は近畿圏の広域に被害を受けた
「阪神・淡路大震災」が
発生してから23年目になります。

テレビが映し出す被害地域の様子が、ただただ恐ろしく
時が流れた今でも覚えています。

新年初めのChayaの市では、地域の皆様と一緒に
「防災について」共に考える時間をつくりたいと思い、
企画いたしました。

当日は、倉敷市災害ボランティアコーディネーター連絡会の
森田 靖先生と、岡山大学地域総合研究センターの前田 芳男先生を
お招きし、
「あなたの家は安全ですか?家庭内DIGで我が家の安全を見直そう」
と題し、講演していただきました。


 
参加者らは1班5人程度のグループに分かれ、家庭内DIGに
挑戦しました。

家庭内DIGとは、Disaster(災害)、Imagination(想像)、GAME
の略で、災害を想像するゲームのという意味です。

グループに分かれた参加者らは、まずは自分の寝室の間取りを描き、
同じグループの同士で、就寝時に自宅で地震が発生した場合に
ふりかかる災害を想像し、その後、共に解決策を考えます。

森田先生は、「もし、災害にあったとき…今日のこの機会を通じて
顔見知りになってほしい。今日の縁が、助け合う気持ちに繋がる
かもしれない。」と話されました。
 
他にも、ボランティアとして実際に災害地域に入った時の経験談や
過去の大規模地震の時のニュース映像の紹介の他、日頃から
災害に備えた取り組みや心構えなど、多くを学ぶことが出来ました。

また、会場には熊本県阿蘇市在住の写真家、長野 良市氏による
復興支援の写真パネルが数多く展示されました。

長野氏は、2016年の熊本地震を機に、地震後の阿蘇の現状が
伝えられないまま、熊本地震はこのまま風化していくのではないか
という危機感から『ゼロの阿蘇』のタイトルで復興支援写真集も
出されています。

また、恒例のフリーマーケットでは、1月の寒さにも負けず!
今回は2店、新たに参加してくださいました!!!
(出店料無料ですので、次回のご参加お待ちしております☆)

まだまだ沢山の催しがございましたが、今回は新たに『おかえり食堂』が
スタートしました。
既に、創心会リハビリ倶楽部 陵南や、創心會岡南地域リハビリケアセンターで
好評をいただいております!

当日は、地域にお住まいのお子様から、高齢者、障害者、ボランティアの
皆様がお越しくださり、10名のお客様をお迎えすることが出来ました。

ご参加いただいた皆様、寒い中、本当にありがとうございました!!

地域の皆様が益々交流できる時間、学べる時間と場所を提供できたら…
Chayaの市は奇数月の第2土曜日に開催しております!

次回は、昨年大いに盛り上がった、マクドナルド様から特別ゲストを
お招きする予定です!!!

皆さんの参加を心待ちにしております^^

次回、第17回Chayaの市は
 3月10日(土)曜日、10:00~14:00
 創心会リハケアタウン東館(倉敷市茶屋町2104-1)

 お問い合わせ:086-420-1500 Chayaの市実行委員[タナカ]

 
  

絵馬のお守りストラップ作り

皆様、明けましておめでとうございます。

2018年、今年もよろしくお願いします。

さて、陵南センターでは新年1回目のアクトは、
絵馬のお守りストラップ作りを行いました。

ご利用者様に絵馬の素材を、コルクボードとプラ板の2種類の内、
好きな素材を選んで頂いて
自由にイラストや願い事、目標などを書いて
楽しみながら作って頂きました。

自分で考えて作る
世界でただ一つの絵馬お守りストラップは、
ポーチに付ける事も出来、愛着も湧きそうですね。

 

創心会リハビリ倶楽部 陵南

皆さんこんにちは!

陵南センターでは1221日に

地域の保育園との交流会が行われました!!

今回は歌と劇を披露してくれました!

元気いっぱいの子供さんたちの姿にご利用者様も笑顔を浮かべながら

交流されていました。

 

 

歌を取り入れた劇の題材は、みんなの人気者の校長先生

理由があって大きな声が出せないひつじくんが鍵となる作品で、

癌を宣告された校長先生が、
命が尽きる時まで生徒に大切なことを伝えるというお話です。

弱っている人に対して、頑張ってと言う事が重荷になってしまう事があります。

勇気とはなんなのか、相手の気持ちになって考えるとは…といった

難しいテーマを子供さんたちの演技を通してみさせていただきました。

劇が終わった後には、思わず涙してしまうご利用者様もおられ、

スタッフもいろいろなことを考えさせられる時間となりました。

 

この交流会は1年を通して同じ子供さんが来て下さるので

子どもさんたちの成長に驚かされました

 

今後も続けていき、地域との関わりをしっかり築いていければと思います。

陵南センター

お飾り作り

皆様こんにちは!

2017年もあと数日ですね。
各ご家庭・事業所で新年の準備に忙しくされていることと思います。

陵南センターではアクトにてお飾り作りを行っています。
松、南天、水引、鶴、花、扇・・・などたくさんの装飾品の中から、
それぞれご利用者様のお好みの組み合わせで選んでいただき、
掛け飾りにしたり、置き飾りにしたり、
オリジナルの華やかなお飾りができあがりました(*^_^*)

お店でも様々なお飾りが売られていますが、自分でデザインして作ると、
例年より元気で充実した一年になるよう、しっかりと家を清められそうですね。

1 / 6412345...102030...最後