お知らせ

NEWS

2019.10.05

厚労省老人保健健康増進等事業の調査団にご見学いただきました。

メディア

令和元年9月30日(月)、厚生労働省 老人保健健康増進等事業の委託を受けている、

調査団をお迎えし、施設の紹介やご利用者様のご様子をご覧いただきました。

 

この度の調査は、昨年度から厚生労働省で調査研究をすすめている、

[介護サービス事業所等における社会参加活動の適切な実施と効果の検証に関する調査研究事業]の

調査として行われています。

 

当社では、90歳を迎えているご利用者様が、介護サービスを卒業し、

地域ボランティアの一員として活動的に過ごしていたり、

50代、60代のご利用者様が、リハビリをされ就労復帰されたりなど、

様々なケースと、事業所としての経験があります。

この度はそこに関心をもっていただき、インタビュー調査を受けました。

当調査にご協力をいただいた、ご利用者様、ボランティア、企業の皆様に、

厚く御礼を申し上げます。

 

介護からの社会参加をどのように考えるかについては、

より高齢でも、重度であっても社会参加の視点があるべきと私たちは考えています。

 

介護保険制度が施行されて20年。

新規参入の事業所も増え続け、介護産業は熾烈を極めています。

 

安楽な介護だけでなく、

介護状態の維持・改善への評価が浸透し始め、

地域社会への能動的な参加を図れるケアかという視点も出ています。

 

創業時から、どんな年齢・状態であっても自立支援が必要と

一貫してきた私たちとご利用者様の関係は、

より信頼を増していけるよう、

ステップアップを続けたいと考えています。

 

サービスの受益者も供給者も含め、持続可能な社会保障制度を共同して守っていく

そのために、必要なことを国と共に研究していけるすばらしい機会をいただけたことに、

大変光栄に感じています。

今後も、質の高いサービスの追求と地域貢献に精進してまいります。

 

 

広報CSR部 河﨑

—————————————————————————————————————————
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア] 岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市