私たちのゴール目標を常に確認し、
そこに到達するための道標(地図)となるもの。
それが創心流リハケア道。

成功へといたるには、乗り越えなければならない難しい関門を突破しなければならない。
流れの急な龍門という河を登りきった鯉は龍になるという登竜門伝説になぞらえ、
創心會は、世の中の問題・課題に立ち向かい、成長し続ける。

その険しき道や関門を駆け上ろうとする勇者に
創心流リハケア道の極意を授けん。