お知らせ

NEWS

2019.01.24

小さな変化の積み重ね

PT・OT・STブログ

 

こんにちは!
作業療法士の和田です。
訪問リハには要介護の方が多いイメージがあるかもしれませんが、要支援の方に対する予防目的のリハや就労支援にも力を入れています。
A様は80代後半の女性、要支援2ですが、介入時(昨年12月)はご自宅での活動性低下に伴い廃用性の筋力低下があり、夜中はトイレに這って行かれていました。
週2回の訪問リハを利用され、現在はトイレまで毎回歩いて行かれています。
先週、A様から
お食事はお部屋まで持ってきてもらっているけど、食べ終わった後は“せめて食器を台所まで持って行こう!”と頑張っていると伺い、実際の動作をみさせていただきました。
写真のように、片手でお盆を持ちバランスをとりながら、右手で壁をつたって歩かれていましたが、実は転倒への不安や恐怖心があり、足に力が入りにくいときはお盆を部屋の外までしか持っていけない....といった状況でした。
そこで、
①お盆に滑り止めシートを敷くか
②カゴ に食器を入れて持っていくかの2つを提案してA様と相談。
ちょうどご自宅に眠っていたカゴが2つあり、使いやすそうな方をご自身で選ばれ、②をやってみることになりました。
明日が訪問日なので経過を伺い、必要であれば別の方法を一緒に考えたいと思います。
利用者様と一緒になって考えたり取り組んだりすることは、とても楽しくやりがいがあります。
利用者様があまり気にしていないようなことでも、少し工夫すれば生活がガラッと過ごしやすくなることもあります( ﹡ˆoˆ﹡ )
会話の中でポロッと言われたことを拾ったり、CMやご家族へ共有することも私たちの役割です。
これからも小さな気づきや変化・努力の積み重ねを大事にしていきたいと思います。