お知らせ

NEWS

2019.02.13

山陽新聞「共に拓く 岡山のノウフク」の取材を受けました

ブログ

先般、山陽新聞社の取材を受けました。

今回は、岡山県内の農福連携事例を特集する、

「共に拓く(地方経済欄)」にて紹介される予定です。(2019年2月14日発刊予定)

  

この度の記者の方に御関心をもっていただけたのは、

「当社が、リハビリ・介護福祉を提供する会社であり、

そこから派生しての農福連携事例は大変珍しい」ということで、オファーをいただき、
僭越ながら、取材をお受けいたしました。

 

当グループで、農業事業を専門に行う合同会社ど根性ファームの、

創設期から責任者として事業をけん引してきた山田さんは、

「農業参入当初は、誰からも猛反対され、相次ぐ天災、病害なども経験しましたが。

辛抱しながら5年経ち、社会の課題を解決したく、農福の成果が実ったことを評価していただけて大変光栄です。」

と、語っていました。

また昨年は、西日本豪雨被害もあり苦労の絶えない中でも、

明るい未来を目指している話をさせていただきました。

今回の報道を通じて、高齢者や障害のある方やその支援に携わられている方々、

そして農業従事者の皆さんに希望をもってほしいと思います。

 

ぜひ2月14日発刊の山陽新聞をご覧ください。よろしくお願いいたします。

 

またこの度、ど根性ファームは農林水産省が主催する

6次産業化優良事例表彰(6次産業化アワード)を受賞いたします。

こちらの授賞式は3月に予定されており、またご報告をさせていただきます。

http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renkei/6jika/good_practice_awards.html

 

広報CSR 河﨑
————————————————————————————————-——-——-——-
*創心會は、岡山・広島(福山市)香川(高松市)に展開しており、
 地元に根付いた経営展開をしています。
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會] 
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520 
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市