お知らせ

NEWS

2019.05.06

子どもとお年寄りのそれぞれの役割と社会参加を目指して

ブログ

皆様こんにちは

先週は、改元、ゴールデンウィーク10連休など、

賑やかな一週間が過ぎましたね。

 

さて、学校等の教育機関では地域の企業と連携し、

学生の総合実践的学習の一貫として、

社会見学や職場見学を企画する機会が定着し、また活性化しています。

そのような機会に地域の一員として積極的に参加していくことは、

そこに集う人すべての人の社会参加活動になることと当社は考えております。

その一つとして、自社内の介護施設等と連携を図り、

先般4/29~5/3の期間で、職場見学会を企画しました。

企画をしたのは、

児童発達支援ルーム心歩笹沖と倉敷地域リハビリケアセンターの皆さん。

同施設を会場に、心歩笹沖のお子さまとデイサービスご利用者様とが交流しました。

医療・介護・福祉職と接し、その職場を見学して、

その仕事の働き甲斐や面白さを知っていただく機会にると考えました。

心歩のお子さまたちにとっては、普段ない緊張も刺激もたくさんあったと思います。

ご病気や障害を抱えているが、機能訓練をして

健康を維持しているお年寄りの実際を目の当たりにし、

一部の体操や器具を試乗して、筋力や関節の重要さを体験したり、

視覚トレーニングで、アスリートレベルの瞬発力を体験したり、

脳活性トレーニングで行っている音読や歌唱をしたり、

世間話をし、世代間の文化や生活の違いを知る交流ができました。

お年寄りに笑顔と元気を引き出したお子様たち。

子どもたちに、持てるものを伝え・教え、与えようとするお年寄りたち。

双方に存在価値と役割がある。職員同士も交流し取組みの意義を深める機会にもなりました。

このような活動を通じて、地域のすべての人と共に、

地域が共生するあり方の理解を広めていきたいと思います。

 

広報CSR 河﨑
————————————————————————————————-——-——
*創心會は、岡山・広島(福山市)香川(高松市)に展開しており、
 地元に根付いた経営展開をしています。
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會] 
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520 
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市