お知らせ

NEWS

2018.08.14

私たちにできること。

PT・OT・STブログ

作業療法士廣田です。

 

被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

77日の豪雨被害で被害を受けられた方は1か月たった今でも大変ご苦労されておられます。

私も何かできることはないかと思い、

JRATの活動と(株)創心會で取り組んでいるボランティアに

可能な限り参加させていただいておりますが、現地で逆に元気を頂くような声掛けを頂いたり

被災を受けられた方同士で協力し合い生活されている姿を見させていただく機会があり

人と人との温かさに触れることができております。

まだまだ復興までには時間が掛かると思いますが、

可能な限り現地での活動を引き続きさせていただこうと思っております。

被災地での活動を通じて人と人とのつながり、

コミュニティーの形成のあり方など改めて考え、

自分自身の今後の作業療法士としての活動に生かしていければと思っております。

一瞬一瞬を大切にた、いろいろな場面での雰囲気を感じながら

被災地の方々と関わっていければともいます。

被災地に入るだけがボランティアではなく、

遠方であってもできる支援というものがありたくさんの方が

支援に参加されていることに本当にうれしく感じました。

人と人とのつながりって本当にいいものです。