お知らせ

NEWS

2019.02.26

iPad活用について

PT・OT・STブログ

こんにちは!

岡南センターの訪問看護ステーションで理学療法士をしている時耕です。

 

寒い日が続いていますが、皆さん、体調はいかがですか。

うがい、手洗い、水分補給、睡眠不足に気をつけていきましょう。

 

現在、訪問看護ではiPadを使用して、日常業務での報告書作成、情報共有化、事例作成を行なっています。ほとんどの時間を外で過ごすことになる訪問看護では、訪問車内でのiPad使用が業務の効率アップに貢献しています。

 

また、ケアマネージャー様への利用者様のリハビリの取り組みをiPadの静止画、動画での情報提供ができることも非常に画期的です。

 

さらには、利用者様へのアプローチにも利用できます。

例えば、ビジョントレーニング、脳トレでの活用があります。私も脳トレを活用しています。四則演算、漢字問題、まちがい探しなどを実施しています。最初は、画面タッチに慣れない利用者様も回数を重ねると徐々に慣れてきます。問題レベルも選択でき、点数も出るので、長期的な評価にも使えるのが利点です。

 

当初、私自身も最新の機器に慣れなく、不安感もありましたが、使って便利なことがわかると何とかして習得しようと何回も繰り返して利用していきました。

今後もがんばって便利な物は積極的に活用していこうと思います。