サービス紹介

SERVICES

訪問看護リハビリ
ステーション(看護部門)
HOME VISIT NURSINGSTATION
(NURSING DEPARTMENT)

看護師が地域の医療機関と連携し、ご自宅へ訪問して健康と医療面のサポートをします。

障害支援 介護・介護予防
訪問看護リハビリステーション(看護部門)

住み慣れた自宅で安心して過ごすために
医療面からの支援

訪問看護はご利用者様の生活を医療面からサポートします。退院後も安心してご自宅で療養生活を送れるよう、経験豊富な看護師が地域の医療機関と連携し支援します。
対象は小児から高齢者と幅広く、難病の方、末期がんの方など、ご自宅でご家族と共に終末期を過ごされる方においても安心していただける看護をお届けします。

サービス内容

  1. 健康管理:バイタルチェック
  2. 医療処置:胃瘻・点滴・吸引・自己導尿・パウチ交換
  3. 清潔保持:入浴・清拭・排泄援助・口腔ケア
  4. 褥瘡の手当と予防
  5. 服薬指導・管理
  6. 食事指導・援助
  7. 終末期の緩和ケア
  8. 精神的援助

褥瘡への取り組み

訪問看護リハビリステーションでは、看護師が経験だけに頼ることなく、常日頃から積極的に褥瘡に関する研修に参加し、それぞれが学んだ知識を活かし共有することで、ご利用者様に適した褥瘡ケアをおこなっています。

ターミナルケアへの取り組み

イメージ画像

「リビングウィル」という考え方をご存じでしょうか?その概念は大変奥深いものですが、一言で言うならば、「“尊厳ある死”も重要であるが、それ以前の“生”の充実こそ、より尊重すべきではないか」という考え方です。もっと直接的に問うならば「病院でたくさんの管に繋がれながら、最期の時をただ待っている状態が“意義ある生”といえるか?」ということです。たとえ終末期や、重度の寝たきりの状態であったとしても、その方らし い“尊厳ある生”を追求することが、私たち訪問看護師の役割である、と考えています。

ご利用者様の身体状況や家族背景を把握しながら、ご利用者様とご家族の気持ちに添う。病状の悪化や予測しなかった症状の発現にご家族は戸惑い、長期化すると“先の見えぬ介護負担”から家族関係が良からぬ方向へ向かうこともあります。そんなご家族の想いを受け止め、支援や調整を行い「家で看てよかった」と思ってもらえることが私たちの目標です。その為にもご利用者様のターミナル期を支える訪問看護師として、私たち自身の生き方や死生観を明確にしていくことも大切であると考えています。

このサービスを行っている施設

創⼼會リハケアタウン(東館) 創⼼會 岡南地域リハビリケアセンター 創心會 益野地域リハビリケアセンター 創心会リハビリ倶楽部 笠岡 創心會 福山地域リハビリケアセンター 創心会リハビリ倶楽部 高松中央